Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

Zabbix3.0注目機能「通信暗号化」、「管理画面の改善」、「監視結果予測機能」紹介 ~Zabbix Conference 2015参加レポート~

Pocket

OSSの統合監視ソフトウェア「Zabbix」の国際カンファレンス「Zabbix Conference 2015」が北欧の国ラトビアの首都リガで9/11,12の2日間開催されました。このカンファレンスに参加し、Zabbix3.0の最新情報など聞いてきたのでその模様をお届けします。TISからは、TIS独自のZabbixに対する取り組みである"HyClops"に関して発表してきたので、その内容についても紹介します。

新しくなったpg_monzでPostgreSQLのクラスタを監視する

Pocket

pg_monzは統合監視ツールZabbixでPostgreSQLを監視するツールで、2015年3月にリリースされたバージョン2.0からは複数のPostgreSQLサーバによるクラスタ構成を監視できるようになっています。本記事ではバージョン2.0で追加されたクラスタ監視の機能を中心にpg_monzがPostgreSQLの運用にどのように活用できるかを紹介します。

【イベントレポート】Zabbix Conference Japan 2014

Pocket

先日(11/21)に東京で開催されたZabbix Conference Japan 2014のイベントの様子をお伝えします。統合監視ソフトウェアのZabbixの最新開発動向や今後のロードマップ、ユーザ事例、Zabbix活用ソリューション等様々な話題で盛り上がりました。

Zabbix Conference Japan 2014イベントページ

※各発表の資料については上記イベントページのアジェンダより参照いただくことができます。

AWS・vSphere監視対応Zabbixプラグイン「HyClops for Zabbix」OSS公開

Pocket

2013年7月12日、オープンソースの統合監視ツールである「 Zabbix (開発元:Zabbix SIA)」のハイブリッドクラウド環境向け拡張ツール「 HyClops for Zabbix 」をオープンソースとして公開しました。

Zabbix Conference 2012 登壇&聴講レポート(1)

Pocket

Zabbix conference 2012登壇&聴講レポート

ラトビアのリガで2012/09/21-22の2日間で実施されたZabbix conference 2012の模様をレポートします。
今回のZabbix Conferenceは昨年に引き続いての2回目の開催になります。
ちなみにラトビアのリガはこちらです。

大きな地図で見る

世界27カ国156名の方が参加されたそうです。
ラトビア国内の方の参加を始め、イギリス、ロシアなど様々な国から参加されていました。
世界各地にあるZabbixのコミュニティの方々も集まって来られているようでした。
日本からも弊社の2名を加えて、計7名参加されていました。
カンファレンスの様子は、Zabbix公式ページにて、
Photo Gallery が公開されているのでご覧下さい。

Zabbix Conferenceでは、以下のようなテーマの発表が行われました。

  • Zabbix SIAのメンバーの方からの公式最新情報の展開
  • Zabbixの活用事例や取り組みの紹介
  • Zabbixに関するビジネス展開している企業の紹介

今回のZabbix conferenceでは、私も取り組みの紹介を行うスピーカーとして参加させていただきました。

zabbix_conferece_presen_photo.jpg

Zabbix SIA 本社オフィス訪問

Pocket

Zabbix Conference 2012への参加のためにラトビアのリガに出張してきました。

ラトビアのリガは、Zabbixの開発会社であるZabbix SIAがあります。
ということで、カンファレンス開催の前日に、Zabbix SIAのオフィスを訪問する機会をいただきました。
今回は、そのオフィス訪問記録をまとめます。
Zabbix Conference本編の内容については、別途ブログで近日公開予定です。
もう少しお待ち下さい。

P9200026.jpg

CloudWatch API + ZabbixでAWS課金情報をグラフ化

Pocket

先日、AWSのCloudWatchで 課金情報を監視・通知できるようになったとのアナウンス がありました。

AWSを利用されている方からすると、
今月いくら利用しているのか気になるところだと思うので、
この機能は非常に有り難いのではないでしょうか。

CloudWatchの詳細については こちら にまとめられています。
今回利用する機能は、CloudWatchの「AWS 請求書の予想請求額(Billing)」メトリクスです。

この課金情報の監視については、無料で利用できるようです。

CloudWatchはAWSの状況を監視するには非常に便利ですが、
監視統計データが2週間しか保存できないという制限があります。

そのため、2週間以上前にどういう状況だったのかを確認するには別途監視データを管理する必要があります。

そこで、OSSの統合監視ツールである「Zabbix」を活用し、
CloudWatchで監視している課金情報のデータを管理してみたいと思います。

OSSとの付き合い方〜Zabbixへの取り組み紹介~

Pocket

最近、Web系のシステムや基幹系システムなど様々なシーンでOSS(オープンソースソフトウェア)が活用されるようになってきました。
すでに利用されている方も非常に多いと思います。

皆さんはOSSとどのように付き合っていますか?

ダウンロードしてきて利用しているだけでしょうか?

今回の記事は、技術的な話題からは少し離れて、OSSのメリットをより活用する方法について紹介したいと思います。

OSSの中でも統合監視ツールであるZabbixへの取り組みを紹介します。

Zabbix APIを利用してアプリケーションを作ってみよう(1)

Pocket

前回まで3回( 第1回 , 第2回 , 第3回 )に渡って紹介してきたOSSの統合監視ツール「Zabbix」は、
監視したデータを取得したり、監視設定を行ったりするためのAPIの機能が備わっています。

APIを活用することで、Zabbixの管理画面とは違う別のアプリケーション上でZabbixで監視したデータを利用することができます。

今回は、このZabbix APIの使い方の基礎をご紹介します。

zabbixでhadoopクラスタのJVMを監視したい

Pocket

なぜzabbix?

Hadoop監視ツールとしてはAmazon Elastic MapReduceでの利用や、NTTデータが公表した 検証資料 で採用された Ganglia の方が有名ですが、日本ではユーザ会の活動も活発なzabbix を使って監視したい!という方のためのアプローチです。zabbixに強いTISの某I氏が作成したものを引き取ってJVM監視用に拡張しました。
zabbix-server-1.8.5に含まれているzabbix-templateにはjmxを使った定義も格納されているのですが、portの特定等少々面倒なようなので、新たに定義しなおしています。