Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

OpenStack Summit Tokyoに見るOpenStackコンテナ関連プロジェクトの動向

Pocket

昨年10月末に品川で開催されたOpenStack Summit Tokyoにおいて、特に盛り上がりを見せていたのがコンテナ関連の話題でした。今回の記事では、OpenStack Summitのセッション内容を引用しつつ、OpenStackのコンテナサービスであるMagnumを中心に、OpenStackのコンテナに関する取り組みを紹介します。

OpenStackのコンテナに関する取り組み

OpenStackでは、いくつものプロジェクトの中でコンテナが利用され始めています。 セッション「The Containers Ecosystem, the OpenStack Magnum Project, the Open Container Initiative, and You!」では、OpenStackの中でどのようにコンテナが活用されているのか紹介されました。下図は、発表スライドの中の1枚です。

container-project

(引用: The Containers Ecosystem, the OpenStack Magnum Project, the Open Container Initiative, and You!)

MidoNetで試すKuryr - Docker remote driver for OpenStack Neutron (2)

Pocket

前回の記事では、Kuryrがどういったものであり、何を実現するものかをご紹介しました。今回は、現時点で実際にKuryrとの連携動作が確認されているMidoNetとOpenStackを連携し、Kuryrを動かしてみるところまでを見てみます。

MidoNetで試すKuryr - Docker remote driver for OpenStack Neutron (1)

Pocket

2015年10月末に開催されたOpenStack Summitでは、ネットワークコンポーネントであるNeutron、すなわちSDN関連に非常に勢いがあり、また、OpenStackとコンテナ技術の関わりについてのセッションが目立っている様子が見受けられました。そして、2日目のKeynoteではコンテナ、VM、ベアメタルのネットワークに関するKuryr(読み方は、片仮名表記で近いものはクリル、クリア、などのようです)という新しいプロジェクトが発表され、Kuryrについて解説したセッションもありました。

今回の記事では、まずこのKuryrについてご紹介し、次回以降の記事にて、現時点で実際にKuryrとの連携動作が確認されているMidoNetのオープンソース版とOpenStackを連携し、Kuryrを実際に動かしてみるところまでを見ていきます。

3つ目のストレージサービス "OpenStack Manila" ついに正式リリース

Pocket

本記事はオープンソースコンソーシアムのクラウド部会で OpenStack Summit Tokyo 2015(以降Summit)の参加報告をしたものをベースに書き起こしています。OpenStack LIBERTY リリースで新たに正式に加わったサービスの1つ「Manila(共有ファイルシステムサービス)」について概要およびアーキテクチャ、エンタープライズ志向な機能、今後の展望など報告しています。

2015-11-27 9-45-05

OpenStack MagnumでKubernetesのexampleを動かしてみる

Pocket

10月末に都内でOpenStack summit Tokyoが開催されました。同サミットではOpenStackの開発者やユーザによる基調講演が行われました。OpenStack FoundationのエグゼティブディレクターであるJonathan Bryce氏は基調講演の中で、Libertyで追加されたコンテナ管理の『Magnum』に非常に大きな関心が集まっていると語っていました。(引用元:クラウドWatch
OpenStack MagnumはOpenStack Containers Teamによって開発されたもので、Dockerコンテナを扱うための機能です。Magnumを使うことによって、コンテナクラスタのデプロイおよび制御をOpenStack上で行えるようになります。

そこで、本記事では実際にOpenStack Magnumを使ってkubernetesのexampleを動かしてみたいと思います。
サムネイル

ネットワーク仮想化ソフトウェア MidoNet (2)

Pocket

前回の記事では、 MidoNetがSDNの中でどのような位置づけのプロダクトであり、何ができるものか、その上でOpenStackとどのように関わるのかを、順を追って紹介しました。 今回は、実際にMidoNetをインストールし、操作してみましょう。できることは沢山ありますが、基本となる仮想レイヤ2ネットワーク作成、およびその間のルーティングまでを試してみます。

OpenStack Upstream Trainingに参加してきました

Pocket

2/3(火)-4(水)にOpenStack Days Tokyo 2015が開催されました。今回、特別企画として実施されたUpstream Trainingに参加することができたので、その様子を紹介します。

SoftLayer BareMetal上でOpenStack Icehouseを動作させる

Pocket

2014年SoftLayer Advent Calendar 1枚目の21日目です。

SoftLayerの特徴のひとつとして、broadcastやmulticastが通り、IP aliasも利用できる「普通」のネットワークを持ったベアメタルサーバを利用できる点が上げられます。
今回はその特徴を最大限に活用し、SoftLayer上にOpenStack Icehouseをインストールします。

softlayer-logo openstack-logo

OpenStackのオーケストレーションサービス「Heat」を使ってみる

Pocket

前回の記事 ではOpenStack IcehouseのAll-In-One環境を構築しました。今回は、OpenStackのオーケストレーションサービスである「Heat」を使って、OpenStack上にWordPressを構築してみます。

OpenStack IcehouseをAll-In-Oneで構築する

Pocket

以前、Tech-Sketchの記事 「OpenStack Havanaを構築してみる」 にて、Packstackを利用してOpenStackのAll-In-One構成を構築する方法について紹介しました。
今回、2014年4月17日にリリースされた最新版(OpenStack Icehouse)を改めて構築してみたので、構築手順のアップデート版を紹介します。