Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

MidoNetで試すKuryr - Docker remote driver for OpenStack Neutron (2)

Pocket

前回の記事では、Kuryrがどういったものであり、何を実現するものかをご紹介しました。今回は、現時点で実際にKuryrとの連携動作が確認されているMidoNetとOpenStackを連携し、Kuryrを動かしてみるところまでを見てみます。

MidoNetで試すKuryr - Docker remote driver for OpenStack Neutron (1)

Pocket

2015年10月末に開催されたOpenStack Summitでは、ネットワークコンポーネントであるNeutron、すなわちSDN関連に非常に勢いがあり、また、OpenStackとコンテナ技術の関わりについてのセッションが目立っている様子が見受けられました。そして、2日目のKeynoteではコンテナ、VM、ベアメタルのネットワークに関するKuryr(読み方は、片仮名表記で近いものはクリル、クリア、などのようです)という新しいプロジェクトが発表され、Kuryrについて解説したセッションもありました。

今回の記事では、まずこのKuryrについてご紹介し、次回以降の記事にて、現時点で実際にKuryrとの連携動作が確認されているMidoNetのオープンソース版とOpenStackを連携し、Kuryrを実際に動かしてみるところまでを見ていきます。

ネットワーク仮想化ソフトウェア MidoNet (2)

Pocket

前回の記事では、 MidoNetがSDNの中でどのような位置づけのプロダクトであり、何ができるものか、その上でOpenStackとどのように関わるのかを、順を追って紹介しました。 今回は、実際にMidoNetをインストールし、操作してみましょう。できることは沢山ありますが、基本となる仮想レイヤ2ネットワーク作成、およびその間のルーティングまでを試してみます。

ネットワーク仮想化ソフトウェア MidoNet

Pocket

今回の記事では、ネットワーク仮想化ソフトウェアの1つであるMidoNetについて御紹介します。

MidoNetはオープンソースクラウド基盤であるOpenStackのうち、ネットワークコンポーネントであるNeutronのバックエンド標準を目指して開発が進められている、ネットワーク仮想化ソフトウェアです。 そのため、現在MidoNetはOpenStackと切っても切り離せない関係と言えますが、この文脈でMidoNetを延べた記事は既に世の中に数多く存在します。

そこで、今回はあえてNeutronのバックエンドとしての視点から始めるのではなく、 MidoNetとはSoftware Defined Networkingの中でどのような位置づけのプロダクトであり、何ができるものか、その上でOpenStackとどのように関わるのか、どのように利用するのか、といった視点で、少しずつ見ていくことにします。