Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

Wakame-vdc+OpenVNet環境構築時の確認手順

Pocket

Wakame-vdc+OpenVNet環境の構築を行ったが、参考となる情報が少なく、設定の不備などで上手く動かない場合の原因調査に苦労することが多かった。基本的にこちらの手順を参照頂ければ問題なく構築できるはずだが、インストールの各工程で設定に問題が無いかを確認することが望ましい。本記事は、Wakame-vdc+OpenVNetの環境構築時の問題の切り分けと対処方法を参考資料としてまとめてみたものとなる。

物理サーバ上のOSをWakame-vdcに移行してみた。

Pocket

運用の効率化やコスト削減のために、システムをクラウドに移行する事例が多くなっている。その際には、既存のオンプレミス環境の物理サーバ上のシステムを併せてクラウドに移行する必要が発生する。完全再構築を行う場合、構築作業やテストの負荷が大きくなるため、物理サーバを最小限の変更で移行が行えるP2V(Physical to Virtual)移行が実施されることも多い。

さらに運用の効率化を図るには、クラウドオーケストレーションツールの利用が必要となる、クラウドオーケストレーションツールで運用可能な状態とするには、物理サーバのOSをクラウドイメージに変換することが必須となる。

昨年の2015年6月にはOpen Standard Cloud Association (OSCA)の活動として OSCA™ 技術分科会ホワイトペーパー「物理マシンから Redhat OpenStack & KVM 上への移行検証」を公開している。本WPは物理サーバからOpenStackのGranceで利用可能なCloud imageへの移行(Physical to Virtua to Cloud image/P2V2C)を行う手順をまとめた。

今回はクラウドオーケストレーションツールとして、あくしゅ社が開発を行ったWakame-vdcを利用した環境上に物理サーバからの移行を行うP2V2W(Physical to Virtua to Wakame image)の検証を行ってみたい。

Wakame-VDCとOpenVNetでKVM仮想マシンの運用環境を構築してみた

Pocket

昨今のクラウドの利用拡大に伴い、システム運用の負荷も増加を続けている、その運用負荷軽減の為、OpenStackやなどのクラウドオーケストレーション製品やChefやPappetなどのシステム構築自動化ツールの利用が拡大している。クラウド上に集約されたネットワーク環境の運用を効率化する為にOpenDaylightなどのSDN(Software Defined Network)製品も活用されている。

今回は「データセンターの内部で増え続けるサーバーなどのITリソースを、効率よく管理する」ことを目的として開発された、Wakame-vdcOpenVNetをご紹介したい。