Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

Apache Mesos上でMarathonとChronosを動かしてみた

Pocket

昨今、Dockerのエンタープライズ基盤への利用が拡大しつつある。それに対応すべく、DockerをPaaSとして運用する為の製品が多数、開発、提供されており、注目度も非常に高くなっている。
ITmedia社 @IT上で『実際に検証済み!OSS徹底比較』を連載させて頂いているが、その記事としてDokcer PaaS製品の比較検証の記事を執筆した。
その記事執筆にあたり、対象として選定した「Apache Mesos」の評価を行うため、実際にインストールを行った手順を記事としてまとめてみた。評価は2016年9月時点での最新のStable版を使用して評価を行っている。

Apache Mesosのインストールについては、昨年(2015年)にZabbix 日本支社の渡邊隼人氏に寄稿頂いた 『実践! CentOS 7へMesosをインストール!』に master×3台、node×3台の大規模構成の記事もtech-sketch上で公開されているため、こちらも参考にして頂きたい。
本記事では、最小構成での検証の手順をまとめており、基本的なインストール手順は、上記記事と大きな差は無い。


FlynnをインストールしてDockerコンテナを動かしてみた

Pocket

昨今、Dockerのエンタープライズ基盤への利用が拡大しつつある。それに対応すべく、DockerをPaaSとして運用する為の製品が多数、開発、提供されており、注目度も非常に高くなっている。
ITmedia社 @IT上で『実際に検証済み!OSS徹底比較』を連載させて頂いているが、その記事としてDokcer PaaS製品の比較検証の記事を執筆した。
その記事執筆にあたり、対象として選定した「Flynn」の評価を行うため、実際にインストールを行った手順を記事としてまとめてみた。評価は2016年9月時点での最新のStable版を使用して評価を行っている。

インストールの為に以下のサイトを参考にさせて頂いている。
flynnを使ったオートスケーリングシステム
Flynn Docs Manual Installation


Shipyardをインストールしてみた

Pocket

昨今、Dockerのエンタープライズ基盤への利用が拡大しつつある。それに対応すべく、DockerをPaaSとして運用する為の製品が多数、開発、提供されており、注目度も非常に高くなっている。
ITmedia社 @IT上で『実際に検証済み!OSS徹底比較』を連載させて頂いているが、その記事としてDokcer PaaS製品の比較検証の記事を執筆した。
その記事執筆にあたり、対象として選定した「Shipyard」の評価を行うため、実際にインストールを行った手順を記事としてまとめてみた。評価は2016年9月時点での最新のStable版を使用して評価を行っている。

インストールの為に以下のサイトを参考にさせて頂いている。
dockerをWebで管理できるshipyardが想像以上に便利だった件
Github shipyard readme.md


OpenShift originをインストールしてみた

Pocket


昨今、Dockerのエンタープライズ基盤への利用が拡大しつつある。それに対応すべく、DockerをPaaSとして運用する為の製品が多数、開発、提供されている。

2016年8月4日にRed Hat社が「Red Hat OpenShift Enterprise」「Red Hat OpenShift Container Platform」への改名とDockerを活用し、「企業によるコンテナ活用を定着させる」ことを4大重要テーマの1つとしていることを発表した。

その「Red Hat OpenShift Container Platform」のコミュニティー版である「OpenShift origin」の評価を行うため、実際にインストールを行った手順を記事としてまとめてみた。
評価は2016年8月時点のCentOSのyumコマンドでインストール可能なバージョンを使用して実施している。

インストールの為に以下のサイトを参考にさせて頂いている。
OpenShift Origin Latest|Advanced Installation
OpenShift Origin構築手順メモ - めもめも


RancherOS上でRancherのクラスタを構成してみた

Pocket

昨今、Dockerのエンタープライズ基盤への利用が拡大しつつある。それに対応すべく、DockerをPaaSとして運用する為の製品が多数、開発、提供されており、注目度も非常に高くなっている。
ITmedia社 @IT上で『実際に検証済み!OSS徹底比較』を連載させて頂いているが、その記事としてDokcer PaaS製品の比較検証の記事を執筆した。
その記事執筆にあたり、対象として選定した「Rancher」の評価を行うため、実際にインストールを行った手順を記事としてまとめてみた。評価は2016年9月時点での最新のStable版を使用して評価を行っている。

インストールの為に以下のサイトを参考にさせて頂いている。
Github rancheros readme.md
Github rancher readme.md
【Docker】RancherOSで本格的な自宅サーバーを構築しよう(1) ~ 要件と構成 ~


Cloudifyを用いた環境自動構築

Pocket

AWS CloudFormation, OpenStack Heat, Hashicorp社のTerraformなど、 システム構成全体をTemplateに記述し、クラウド等の環境に自動構築することは珍しくなくなりつつあります。 しかしこれらのTemplateはどちらかといえばIaaSや一部のPaaSに相当するインフラ構成の記述が中心であり、 個別のミドルウェアやアプリケーションレイヤの管理は別途行う必要があったり、別のクラウドへの移行時に再利用が難しいといった課題もありました。

今回はこうした課題の解決に役立つかもしれない、OASIS TOSCAの仕様に準拠したTemplateをもとに構築を行うCloudifyを実際に動かしてみました。

Ansibleに代表される自動化/構成管理をホンネで語る (クラウド時代のOSS活用最前線) 〜 オープンソースカンファレンス 2016 Nagoyaでの2団体ジョイント企画 実施レポート

Pocket

さる5月28日(土曜),オープンソースカンファレンス2016 Nagoya が開催されました。私たちが加盟する,OSSコンソーシアムと,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)は,2団体の合同企画としてセミナとパネルディスカッションを実施しました。テーマは「Ansibleに代表される自動化/構成管理,ホンネで語る自動化/構成管理」です。

Logo-OSScons+OBCI-720w

様々なインフラ自動化ツールを組み合わせたCloudConductorを使って、Webシステムを自動構築してみよう

Pocket

クラウドを利用する場合、システムの構築や運用にはインフラ自動化ツールの利用が不可欠です。 OSSのインフラ自動化ツールとして、仮想マシンイメージを作成するpacker、ネットワークやインスタンスを自動作成するTerraform、ミドルウェアのインストールや設定変更が可能なChef、インフラのテストを実行できるServerspecなどがよく使われています。

しかし、システムの構築から設定、テスト、その後の運用まで統合的に自動化するためには、いくつかのツールを組み合わせて利用する必要があり、どうしても実行タイミングの制御やパラメータの連携などが必要になります。

CloudConductorは、これらのインフラ自動化ツールを連携させ、定義されたパターンに従ってインフラの自動化、自律化を実現するOSSのクラウドオーケストレーションツールです。 CloudConductorを利用する事で、利用者から見ると、個別のツールを意識することなく統合的にインフラを自動構築、自律運用することができます。

今回は、CloudConductorを使ってサンプルのJavaアプリケーション実行環境を構築する方法を紹介します。

ansible・packer・CloudFormationを用いてDjango環境を構築してみよう

Pocket

ライトウェイトでフルスタックなWebフレームワークといえばRuby on Railsが有名です。しかし統計処理や機械学習に関連するライブラリにはPython製が多いこともあり、これからはDjangoのようなPython上で動作するフルスタックWebフレームワークを利用する場面も増えていくことでしょう。

しかしDjangoには独自のルールがあり、AWS ELBAWS RDSと共に利用するためには、少し工夫が必要です。今回はansiblepacker、及びAWS CloudFormationを用いて、AWS上に下図のような耐障害性の高いDjango環境を構築してみます。

aws-django

Elvez ※私事ながら、筆者の松井はこの度 株式会社 Elvez のCTOに就任いたしました。
株式会社Elvezは、社会性を持つAIで世界を幸せにする会社です。今回紹介したAWSとDjangoも、Elvezのサービスを形作るパーツの一つになる予定です。

全リージョンのCloudTrailログをAmazon Elasticsearch Serviceに集約・可視化する

Pocket

今回は、Amazon Elasticsearch Service(Amazon ES)と、 昨年12月に追加されたCloudTrailの全リージョン有効化機能を組み合わせ、 全リージョンのログをAmazon ESに簡単に集約してみた様子をご紹介します。