Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

日々の開発に安らぎを…Github製botフレームワーク「Hubot」を活用しよう!〜インストール編〜

Pocket

この記事はeXcale Developer's Blogから移転されたものです。




eXcale 開発チームの泉谷(@syguer)です。
今回から何回かに分けて、最近話題沸騰のHubotについて紹介していきます。
初回である今回はインストールについて紹介します。

フリーで使える統合監視の鬼、Zabbixでナウい監視をする〜監視ホストを自動で登録する〜

Pocket

この記事はeXcale Developer's Blogから移転されたものです。


eXcale 開発チームの泉谷(@syguer)です。
今回は、Discoveryを使って新しく作られたホストに自動で監視設定を追加する方法を紹介します。

フリーで使える統合監視の鬼、Zabbixでナウい監視をする〜独自のkeyを設定する〜

Pocket

この記事はeXcale Developer's Blogから移転されたものです。


eXcale 開発チームの泉谷(@syguer)です。
今回は、強力な機能であるUser Parameterを使って独自のkeyを設定する方法を紹介します。

フリーで使える統合監視の鬼、Zabbixでナウい監視をする〜Amazon SESでアラートを送る〜

Pocket

この記事はeXcale Developer's Blogから移転されたものです。


eXcale 開発チームの泉谷(@syguer)です。
前回はTriggerを設定してActionを実行する方法について紹介しましたが、今回は前回の記事で紹介したActionにAmazon SESを使ったメール送信を設定する方法を紹介します。

フリーで使える統合監視の鬼、Zabbixでナウい監視をする〜Triggerを設定してActionを実行する〜

Pocket

この記事はeXcale Developer's Blogから移転されたものです。


eXcale 開発チームの泉谷(@syguer)です。

今回はインストール監視対象の追加に続き、Triggerを設定してActionを実行する方法について紹介します。
ここまででZabbixの基本的な機能についてひと通り扱えるようになります。

フリーで使える統合監視の鬼、Zabbixでナウい監視をする〜監視対象を追加しよう〜

Pocket

この記事はeXcale Developer's Blogから移転されたものです。


eXcale 開発チームの泉谷(@syguer)です。

今回は前回のインストール編に続き、Zabbixに監視対象を追加する方法について紹介します。
ZabbixはZabbix SIAによって開発されているフリーの統合監視ソフトウェアです。
日本にも支社(Zabbix Japan)がありコミュニティが活発であるなど、フリーの統合監視ソフトウェアでは代表格となっています。

フリーで使える統合監視の鬼、Zabbixでナウい監視をする〜インストール編〜

Pocket

この記事はeXcale Developer's Blogから移転されたものです。


eXcale 開発チームの泉谷(@syguer)です。
今回から何回かに分けて監視用のソフトウェアであるZabbixについて紹介しようと思います。
最初となるこの回ではインストールについて紹介します。

複数バージョンのNode.jsを使い分けよう!

Pocket

この記事はeXcale Developer's Blogから移転されたものです。


eXcale 開発チームの泉谷(@syguer)です。
以前に複数バージョンのRubyを管理する記事を書きましたが、今回は複数バージョンのNode.jsを管理する方法を紹介します。
eXcaleでは新しいNode.jsのバージョンに移行する際に手間をかけないためという面と、サービスとして複数のバージョンを切り替える必要があるといった理由でnvmというツールを使って複数バージョンのNode.jsを管理しています。
本記事ではそのnvmの使い方について紹介します。

rbenvで複数バージョンのRubyを管理する

Pocket

この記事はeXcale Developer's Blogから移転されたものです。


eXcale 開発チームの泉谷(@syguer)です。
今回は、rbenvを使って複数バージョンのRubyを管理する方法を紹介します。
eXcaleではRubyを使う際にrbenvを使ったバージョンの切り替えを行っています。これは新しいRubyのバージョンに移行する際に手間をかけないためという面と、サービスとして複数のバージョンを切り替える必要があるといった理由があるためです。
本記事ではそのrbenvの使い方について紹介します。

AWS Tips -- S3のデータに保存期間を設定して自動でGlacierに移動する --

Pocket

この記事はeXcale Developer's Blogから移転されたものです。


eXcale開発チームの泉谷(@syguer)です。
今回は、Amazon S3のデータを自動でAmazon Glacierに移動する方法を紹介します。
eXcaleでは様々なところでS3を利用しています。
中でもログの保管に大容量を利用していますが、毎日数十GBのログが吐かれているため、低価格なAmazon S3と言えどコストがかさんで来ます。
そこで、ログに保存期間を設けて自動でAmazon Glacierに移動するようにしてコストを押さえています。
本記事ではその設定方法について紹介します。