Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

PandoraFMSをインストールしてみた

Pocket


ITmedia @ITでOSS運用監視製品の比較記事の執筆をさせて頂いた。
その際に評価を行ったPandraFSMをインストールする手順を以下にまとめている。

インストールの為に以下のサイトを参考とさせて頂いた。
PandraFSM 日本語公式サイト
Pandora FMS 日本語コミュニティ

検証に使用した環境

検証に使用した環境は以下となる。


VMware ESXiに上にCentOS 7.2 (minimal install)とUbuntu Server 15.10LTSをインストールしている。インストール後にntpを手動インストール+自動起動だけ行った状態となっている。

PandoraFMS Serverのインストール

CentOS 7.2の環境にインストールを実施した手順は以下となる。
※この順序で実行するとパッケージの依存関係などでエラーにならない

1.インストール済パッケージのupdate
$ sudo yum update -y

2.epelリポジトリの追加
$ sudo yum install -y epel-release.noarch

3.PandoraFMSのリポジトリの追加
$ sudo vi /etc/yum.repos.d/pandorafms.repo

4.yum cashの更新
$ sudo yum makecache

5.必要となる標準パッケージのインストール
$ sudo yum install -y wget mailx graphviz make net-snmp net-snmp-perl net-tools nmap xprobe2

6.perl関連パッケージのインストール
$ sudo yum install -y perl-CPAN perl-DBD-mysql perl-DBI perl-Encode-Locale perl-HTML-Tree perl-IO-Socket-INET6 perl-JSON perl-libwww-perl perl-NetAddr-IP perl-Socket6 perl-Sys-Syslog.x86_64 perl-Time-HiRes perl-XML-SAX perl-XML-Simple perl-XML-Twig

7.PHP関連のパッケージのインストール
$ sudo yum install -y php php-common php-gd php-ldap php-ldap php-mbstring php-mysql php-pear-DB php-snmp php-zip

8.mariadb/apacheのインストール
$ sudo yum install -y mariadb-server httpd

9.wmicをダウンロードしてインストール
$ sudo wget http://jaist.dl.sourceforge.net/project/pandora/Tools%20and%20dependencies%20%28All%20versions%29/RPM%20CentOS%2C%20RHEL/wmic-4.0.0tp4-0.x86_64.rpm
$ sudo rpm -ivh wmic-4.0.0tp4-0.x86_64.rpm

10.mariadbの起動と自動起動設定
$ sudo systemctl start mariadb
$ sudo systemctl enable mariadb

11.mysql_secure_installationスクリプトの変更
find_mysql_clientコマンドは不要な為、コメントアウトする。
$ sudo vi /usr/bin/mysql_secure_installation

12.mariadbの初期設定スクリプト(mysql_secure_installation)を実行
$ sudo /usr/bin/mysql_secure_installation

※対話型コマンド。黄色のラインの所で入力

13.httpの起動と自動起動の設定
$ sudo systemctl start httpd
$ sudo systemctl enable httpd

14.pandorafms_consoleのインストール
$ sudo yum install -y pandorafms_console
$ sudo chmod -R 777 /var/www/html/pandora_console/include/

15.pandorafms_serverのインストール
$ sudo yum install -y pandorafms_server

16.pandorafms_serverの設定を編集
$ sudo vi /etc/pandora/pandora_server.conf

基本的にはmariadbに接続するuser id/passwordの変更のみ

17.pandorafms_serverの起動と自動起動設定
$ sudo systemctl start pandora_server
$ sudo systemctl enable pandora_server

18.pandorafms_clientの起動と自動起動設定
$ sudo systemctl start pandora_client
$ sudo systemctl enable pandora_client

19.pandorafms_serverのcronを設定
$ sudo vi /etc/cron.hourly/pandora_db

20.httpとpandora_serverのポートを解放
$ sudo firewall-cmd --zone=public --add-service=http --permanent
$ sudo firewall-cmd --zone=public --add-port=41121/tcp --permanent
$ sudo firewall-cmd --reload

ここまでの作業でPandoraFMSのダッシュボードの画面にはブラウザでアクセス可能となる。


PandoraFMS serverにはagentのインストールは不要である。

PandoraFMS agentのインストール

Ubuntu ServerにPandoraFMSのクライアントエージェントをインストールする。

1.sources.listにPandoraFMS用のリポジトリを追加する
$ sudo vi /etc/apt/sources.list

以下の2行を追加する。

2.インストール済のパッケージをアップデート
$ sudo apt-get update -y

3.sysv-rc-confコマンドをインストール
sudo apt-get install -y sysv-rc-conf

4.pandorafms-agent-unixをインストール
$sudo apt-get install pandorafms-agent-unix

5.pandorafms-agentを起動と自動起動を設定
$ sudo service pandora_agent start
$ sudo sudo sysv-rc-conf pandora_agent on

クライアントエージェント側からサーバに対して監視対象として登録される製品なので
しばらくするとサーバが追加されて、監視が開始される。


エンジニア採用中!私たちと一緒に働いてみませんか?