Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

Muninをインストールしてみた

Pocket


ITmedia @ITでOSS運用監視製品の比較記事の執筆をさせて頂いた。
記事の執筆にあたり、オープンソースのシステム監視ソフトウェアのMuninを実際にインストールし動作を確認する検証を実施した。
その実際に行った構築手順をまとめたものが以下である。

インストールの為に以下のサイトを参考とさせて頂いた。
Welcome to the Munin Guide
「Muninでかんたんサーバー監視」~初心者でもよくわかる!VPSによるWebサーバー運用講座(3)
server-memo.net-Munin インストール

検証に使用した環境

検証に使用した環境は以下となる。


VMware ESXiに上にCentOS 7.2 (minimal install)とUbuntu Server 15.10LTSをインストールしている。インストール後にntpを手動インストール+自動起動だけ行った状態となっている。

CentOS 7.2 へのインストール

Muninインストールの準備

1.インストール済パッケージのupdate
$ sudo yum update -y

2.epelリポジトリのインストール
$ sudo yum install -y epel-release.noarch

3.mailx/httpdのインストール
$ sudo yum install -y mailx httpd

Muninのインストール

1.Muninのインストール
$ sudo yum install -y munin

2.Muninの起動と自動起動の設定
$ sudo systemctl start munin-node
$ sudo systemctl enable munin-node

3.Muninのダッシュボードのパスワードを設定
$ sudo htpasswd -c /etc/munin/munin-htpasswd munin

4.httpdの起動と自動起動の設定
$ sudo systemctl start httpd
$ sudo systemctl enable httpd

5.firewallのhttpd/munin-nodeのポートの解放
※minin-node(4949/tcp)の解放はmunin-serverが外部の場合に必要となる。
$ sudo firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent
$ sudo firewall-cmd --add-port=4949/tcp --zone=public --permanent
$ sudo systemctl restart firewalld

6.Munin serverの設定ファイルにserverとnodeを追加
$ sudo vi /etc/munin/munin.conf

Munin server

Munin serverはサービスではなく、cronにより起動される。起動間隔は標準では5分となっている。
Munin serverの設定ファイルや動作に問題が出るとrootにmailが送信されるため、mailxをあらかじめインストールしている。
$ sudo ls /etc/cron.d/munin
/etc/cron.d/munin
$ sudo cat /etc/cron.d/munin

Ubuntu 15.10へのインストール

Muninインストールの準備

1.インストール済パッケージの更新
$ sudo apt update -y

2.syssv-rc-confのインストール
$ sudo apt-get install -y sysv-rc-conf

Muninのインストール

1.muninのインストール
$ sudo apt-get -y install munin

2.Munin nodeの設定ファイルにMunin serverからのアクセス許可を追加
sudo vi /etc/munin/munin-node.conf

4.plugin実行用のperlのインストール
$ sudo apt-get install -y libwww-perl/wily

5.munin-nodeの起動と自動起動の設定
$ sudo service munin-node start
$ sudo sysv-rc-conf munin-node on

テスト用のapache2サーバのインストールと監視pluginの設定

1.apache2のインストール
$ sudo apt-get install -y apache2

2.apache3のstatusモジュールの有効化
$ sudo vi /etc/apache2/mods-available/status.load

3.apache2の起動と自動起動の設定
$ sudo service apache2 start
$ sudo sysv-rc-conf apache2 on

3.Muninのapache監視pluginの有効化
インストール済のapache監視pluginを有効化する
$ sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/apache_accesses /etc/munin/plugins/apache_accesses
$ sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/apache_processes /etc/munin/plugins/apache_processes
$ sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/apache_volume /etc/munin/plugins/apache_volume

4.MuninのDashboardの確認
(1)監視対象に登録したサーバが2台とも追加されている。
pluginを追加したapacheも監視が行われている。


(2)サーバのリソース使用量の監視が行えている。


(3)apache2のstatusの結果も取得できている。


補足1:munin-node-configure

1.pluginのインストールと使用の有無の確認
以下のコマンドで確認できる。
$ sudo munin-node-configure -suggest

補足2:snmpの監視設定

1./etc/hostsに登録
tissvv099 10.255.202.99を追加。
sudo vi /etc/hosts

2.pluginの有効化
snmpのpluginの有効化は以下のコマンドで実行できる。
/etc/munin/plugins以下にシンボリックリンクが作成されない場合、手動で作成する。
$ sudo munin-node-configure -snmp tissvv099 --snmpcommunity public --shell

3.Muninのplugin設定に監視対象を追加
$ sudo vi /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node

4.Munin serverの監視対象ノードに追加
$ sudo vi /etc/munin/munin.conf

4.Munin-nodeを再起動
$ sudo systemctl restart munin-node

5.Munin Dashboardを確認
snmpを検知して監視対象が追加されている。


エンジニア採用中!私たちと一緒に働いてみませんか?