Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

Hinemos5.0新機能紹介Part2「ノードサーチ」

Pocket

Hinemos5.0の新機能を紹介するシリーズpart2になります。(part1「Webクライアント」はこちら)

ver 4.1以前では、大規模環境において、以下の理由から設定作業に多くの時間が必要でした。
  ・ 管理対象ノードを1台ずつ登録する必要がある
  ・ エージェントのインストールを1台ずつ実施する必要がある
ver 5.0では、これらの設定作業を一括で実施できるような便利な新機能が搭載されました。

今回はその中でも前者(管理対象ノードを1台ずつ登録する必要がある)の問題を解決してくれる新機能「ノードサーチ」について簡単に紹介します。(エージェントのインストールを手助けしてくれる機能「環境構築」については次回の記事にて紹介する予定です。)

ノードサーチ

これまでのHinemosでは管理対象となるノード情報を手動で1台ずつ登録する必要がありましたが
、ノードサーチ機能によって、複数のサーバを一括でHinemosマネージャの管理対象に登録することができるようになりました。この機能は、指定したIPアドレスの範囲をSNMPで探索し、応答があったサーバの情報を取得する仕組みになっています。また、登録されたノードには、OSの種類やホスト名のほか、デバイス情報まで自動で設定が反映されます。この機能を活用することで、例えば管理対象ノードが100台を超えるような環境であっても、一瞬で全てのノードを登録することが可能です。ノード登録作業がかなりスムーズになるのでとてもうれしい機能です。

機能自体はとにかくシンプルなので、ここでは下記2つのポイントだけに絞って触れていきます。
   使い方
   仕様と注意事項

使い方

まずはノードサーチの使用方法について説明します。とてもシンプルな機能なため、誰でも簡単に使用できると思います。

① リポジトリ[ノード]ビュー右上のノードサーチアイコンをクリックし、ノードサーチ画面を表示します。
② ノード情報の登録に必要となる下記の値を入力します。
  ・ オーナーロールID
  ・ IPアドレス(範囲指定)
  ・ SNMPの設定 - ポート番号、コミュニティ名、バージョン
③ 値を入力後、実行ボタンをクリックし、SNMPによる探索を開始させます。

ノードサーチ01

④ snmpの認証に成功して情報を取得できたサーバは、管理対象ノードとして自動登録されます。

ノードサーチ02

手順はたったのこれだけなので、操作はとても簡単です。

もし、想定通りにノード登録されなかったサーバが存在する場合は、以下の点に問題がないか確認してみてください。見落としてがちなポイントを記載します。
  ・ 指定したsnmpのコミュニティ名に誤りがないか
  ・ サーバ側のSNMPサービスが起動しているか
  ・ サーバ側でSNMPパケットを受け付ける設定がされているか

また、監視やジョブを開始するためには、上記手順のほかに、登録したノードを対象に監視やジョブを別途設定する必要がありますので、必要に応じて設定しましょう。

仕様と注意事項

最後に、認識しておくべき仕様と注意事項について説明します。ノードサーチをうまく活用するためには、必ず抑えておくべきポイントです。

仕様
1. 既に管理対象ノードして登録されているサーバについては、登録がスキップされる(下図の青枠部分
2. 「ファシリティID」と「ファシリティ名」には、それぞれサーバのホスト名が設定される(下図の緑枠部分
3. 登録されるノードに対して一律で同じ「オーナーロールID」が設定される(下図の赤枠部分

ノードサーチ00

上記「2.」「3.」の仕様から、下記のような制限がでてくるので注意してください。

注意事項
ノードを識別するための「ファシリティID」は一度設定すると変更できないので、ノードサーチを使用するためには「ファシリティID」 = 「ホスト名」になることを許容できる環境である必要があります。(ファシリティ名は後から変更が可能です。)これがノードサーチを使う上での大前提事項になるということを認識しておきましょう。

また、ノード毎に設定する「オーナーロールID」は一度設定すると変更ができないため、適切なIDが割り当てられなかったノードについては、一旦削除して再度適切なIDで登録するような作業が必要になります。ただし、この点については、サーバに設定するSNMPのコミュニティ名を事前にオーナーロール単位で分けておくことで回避することが可能です。

おわりに

シンプルな機能だからこそ多少の制限はありますが、十分に活躍できる機能だと思います。効率よく設定作業を進めるためには欠かせない要素の1つになるのではないでしょうか。次回のPart3では「環境構築」機能について紹介します。

エンジニア採用中!私たちと一緒に働いてみませんか?