Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

OpenStack Summit Tokyoに見るOpenStackコンテナ関連プロジェクトの動向

Pocket

昨年10月末に品川で開催されたOpenStack Summit Tokyoにおいて、特に盛り上がりを見せていたのがコンテナ関連の話題でした。今回の記事では、OpenStack Summitのセッション内容を引用しつつ、OpenStackのコンテナサービスであるMagnumを中心に、OpenStackのコンテナに関する取り組みを紹介します。

OpenStackのコンテナに関する取り組み

OpenStackでは、いくつものプロジェクトの中でコンテナが利用され始めています。 セッション「The Containers Ecosystem, the OpenStack Magnum Project, the Open Container Initiative, and You!」では、OpenStackの中でどのようにコンテナが活用されているのか紹介されました。下図は、発表スライドの中の1枚です。

container-project

(引用: The Containers Ecosystem, the OpenStack Magnum Project, the Open Container Initiative, and You!)

Wakame-VDCとOpenVNetでKVM仮想マシンの運用環境を構築してみた

Pocket

昨今のクラウドの利用拡大に伴い、システム運用の負荷も増加を続けている、その運用負荷軽減の為、OpenStackやなどのクラウドオーケストレーション製品やChefやPappetなどのシステム構築自動化ツールの利用が拡大している。クラウド上に集約されたネットワーク環境の運用を効率化する為にOpenDaylightなどのSDN(Software Defined Network)製品も活用されている。

今回は「データセンターの内部で増え続けるサーバーなどのITリソースを、効率よく管理する」ことを目的として開発された、Wakame-vdcOpenVNetをご紹介したい。

ROS + Dockerを使ったロボットアプリケーション入門(2)実践編  ~Pepperでディープラーニングを使った画像識別に挑戦~

Pocket

前回の記事ROS + Dockerを使ったロボットアプリケーション入門(1)準備編では、ロボット用フレームワークであるROSの簡単な説明と、ROSをDocker環境で使う際に役立つ情報を紹介しました。

今回は、前回の内容を踏まえ、実際にROSのDockerイメージを使って、今話題のPepperを動かしてみます。具体的には、話題のディープラーニングを画像解析に応用した"Caffe"というフレームワークによって、Pepperの目の前にある物体を識別をさせて、識別結果をPepperに英語で喋らせてみたいと思います。ROS + Dockerというタイトル通り、これらをROSとDockerを用いて実現します。

では、さっそく始めてみましょう!

top_

MidoNetで試すKuryr - Docker remote driver for OpenStack Neutron (2)

Pocket

前回の記事では、Kuryrがどういったものであり、何を実現するものかをご紹介しました。今回は、現時点で実際にKuryrとの連携動作が確認されているMidoNetとOpenStackを連携し、Kuryrを動かしてみるところまでを見てみます。

クラウドベースのロボットシミュレータでのシミュレーション①

Pocket

 ロボット自体の作成、あるいは、ロボットを利用したシステムを作る際のシミュレータ活用は、一般によく行われていることかと思います。実機での動作確認と違ってコンピュータ上に環境、ロボット双方を仮想的に再現することによる様々な制限がかかる場合もあるでしょうが、物理的な動作が伴うロボット用のアプリケーションを、いきなり実機で動かすのは、色々とコワイですし、例えば他システムとの連携を試す場合などもいったんシミュレータ上で実行してみると安心です。

 筆者はもともとロボットが専門の人間ではありませんが、今まで作ってきて、馴染みのあるWebやモバイルのアプリケーションのようなテスト環境が、ロボットに関わる開発でも、同じようにできることが理想ではないかと考えています。その要素として、シミュレータは重要な役割を果たすものになります。

 という前置きの上で、これから数回にわたって、実際にシミュレータを使ってみたいと思います。今回取り上げるのは、クラウド環境ベースでシミュレータを利用することができるサービスである、The Constructです。

【イベントレポート】TISメンバ3人登壇! OSC2015 Tokyo.Enterprise

Pocket

オープンソースカンファレンスのレポートです。今回はTokyo.Enterprise。その名の通り東京開催、アクセスもよい渋谷の会場で平日に企業人向けとして行われました。今回はTISは自前のスポンサーセッションはもとより他のOSS関連団体におけるセッションでも講演を行い、かなり露出の多いイベントとなりました。そこで、いつもより多いセッションを中心にレポートします。手前味噌ですが、自分(倉持健史)も発表しているのでそこは所感も含めさせていただきます。