Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

【イベントレポート】OSC2015 Tokyo/Fall

Pocket

こんにちは。高木と申します。

10/24(土)・25(日)に明星大学で開催されたオープンソースカンファレンス2015 Tokyo/fallの参加レポートです。
TISは出展、講演を行いました。

IMG_0937

会場の様子

土日開催ということもあり、

  • 学生さん(同じに日に就職セミナーがあったようです)
  • 遊びに来た方
  • 企業でOSSを利用している方や、導入を検討している方

などなど、様々な方が来ていました。
来場者はOSC最大規模の1500名以上(2日間合計)で、展示会場は4部屋あったのですが、どの部屋もかなり盛り上がっていました。

TISブースでは

を紹介しました。

IMG_0946

講演「実録!Hinemos導入経験者が語る、実運用でのあるある話」

今回は私が講演しました。
Hinemosとは監視とジョブがワンパッケージで実装できる国産のOSSです。
Hinemosにまつわる4つのテーマでお話しました。

  • その① 監視と静観は表裏一体
  • その② ちょっとの変更はちょっとじゃない
  • その③ Utilityは諸刃の剣
  • その④ Hinemosは何でも知ってるわけじゃない

正直かなり地味ですが、気をつけてないとあとで苦労することや、Hinemosを使う上で遭遇するあるある話など、今Hinemosを使っている方、これからHinemosを使おうと思っている方に役立つ情報をお伝えする、ということでこのような内容にしました。(他にネタがなかったというのもありますが。。)

講演を聞いていただいた方から「参考になった」「経験談でおもしろかった」などの感想をいただけましたので、自分では勝手に目的達成と思っています。

IMG_0934

スポンサーLT「Docker で分散処理やってみた」

OSS室の新弟子こと安達がスポンサー枠のLTで発表してきました。今流行りのコンテナツール「Docker」上で
分散処理ツール「Hadoop」を動かしてみたという内容になります。
Dockerでコンテナをたくさん立ち上げて気軽に色々と検証できるのは便利なのですが、時々コンテナの使い道に困ってしまうことがあります(Continuous Integration(CI)として使っていないから)
そこで余った各コンテナを1つのマシンとみなして並列分散処理をさせるとどうなるのかといった唐突な疑問を検証し、LTとして発表しました。
検証結果や方法、また構築方法等の詳細については下記のSlideShareをご覧ください。

 

IMG_20151025_120854

懇親会

OSC Tokyoは2日間開催ですが、懇親会は1日目の夜にあります。
学食が会場なのでかなり広いのですが超満員で大いに盛り上がりました。
OSS界の方々といろいろお話しできたので、懇親会が個人的に1番の収穫でした。

IMG_0939

次回予告

次回は12/9開催のOSC2015.Enterpriseで出展、講演します。
前回(OSC福岡)と今回はHinemosで講演しましたが、今度は「JobScheduler」がテーマです。
気になる方もそうでない方も、ぜひご参加ください。

エンジニア採用中!私たちと一緒に働いてみませんか?