Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

AWSプレミアコンサルティングパートナーになるまで

Pocket

皆さんこんにちは。
TIS 内藤と申します。

今回のAWS Re:invent 2015でも色々な発表がありました。

IMG_3124

その中でも、私にとって一番大きいニュースは、TISがAWSの最上位パートナーであるプレミアコンサルティングパートナーに選ばれたことです!

[APN] 2016年の新しい日本のAPNプレミアパートナー様が出揃いました!

改めましてこれまでお付き合い頂いたお客様やパートナー様、サポート頂いたAWSの方々に感謝申し上げます。

受賞が決まった後、何名かの方から、お祝いの言葉と共に、「TISさんがそんなにAWSビジネスやってるとは思わなかった」「急に来た感じですね」「AWSでどんなビジネスをやってるんですか?」とご質問を受けることがありました。
そこで、少しTISのAWSビジネスの取り組みをご紹介させて頂こうと思います。

AWSの取り組みの歴史

実は、AWSとのお付き合いは結構古くて、東京リージョンができる前から、社内ベンチャーで活用していました。
当時はあまり事例も無かったのですが、社内に事例があることを強みにいくつかのSI案件でAWSを活用し、その実績を元に2012年にSIパートナーとして登録を行いました。

いくつかのSI案件を対応する中で、2012年下期にはAWSのアワード(ビッグデータ)を受賞、お客様のクラウド活用が広がっていくのと合わせて、AWSの実績も増えてきました。特に2014年度からはアプリケーション、運用まで含めた大型案件を受注することができるようになってきています。

TISにおけるAWSビジネスと取り組み

Apps on AWS

TISはシステムインテグレーターとして、アプリケーション開発からシステム運用までワンストップで提供できることに強みがあります。
AWSビジネスも、ただAWSそのものを販売するという形式ではなく、案件の中でAWSを活用し、周辺のアプリケーションや運用まで全て含めて提供するモデルで組み立てています。
特に、パッケージアプリケーションとAWSの組み合わせて提供する形態が増えています。SAPやIntra-mart、Dr.sum※などといったパッケージとAWSを組み合わせる案件が多いですね。
いくつかのパッケージソリューションはAWSTestDriveで公開しています。
ちょうど今週にも、Intra-martを簡単に導入できる「FAST TRACK」の提供を開始しました。([TIS、intra-martクラウドサービス「FAST TRACK」を提供開始])。

※Dr.sumの事例はこちらで公開しています。

[データ分析基盤としてAWSを採用(株式会社アンテリオ様)]

[データ分析基盤としてAWSを採用(株式会社ワンダーコーポレーション様)]

案件以外にも、SAP、AWS、TIS3社での実証実験で、SAP BusinessObjectsとRedshiftの検証を行っています。([BI連携検証報告 ~ SAP BusinessObjects を Redshift に繋げる ~])

AWS+運用

AWS上においても、これまでのオンプレミスのシステムと同じようにシステム運用は必要ですね。24h365d監視、何かあった場合には障害切り分け、障害対応・・・TISは国内最大級のDC運営事業者なので、こうした24h365d運用を行う体制を持っています。これを活かし、EC2インスタンス数に関わらず月額定額費用で監視運用を行うサービスを提供しています。([TIS クラウドインテグレーションサービス for AWS])。
さらに、この10月5日にマネージドサービス「MOTHER」をリリースしました。([TIS、複雑化するITインフラの統合管理・監視などの運用を支援する
マネージドサービス『MOTHER』を提供開始
])機能はまだまだこれからですが、クラウド上の運用、より簡単に、わかりやすく提供していきたいと考えています。

コミュニティ活動

あまりJAWS-UGには貢献できていないのですが。。。FISCの安全対策基準に対する対応リファレンス策定にメンバーとして参加し活動しています。

[7社共同で、「金融機関向け『Amazon Web Services』対応セキュリティリファレンス」を改訂し第 1.2 版を公開])。

また、TIS社内では、毎半期ごとに「AWS Night」というイベントを開催し、社内でしか語れない事例やノウハウの共有を行っています。社内でのSEや営業向け勉強会も行っていて、技術者や営業の底上げを図っています。こうした活動の結果、社内でAWSを扱える技術者の数が増え、さらに案件が増える、という循環が産まれ始めています。

これから・・・

今後、AWSを使うことがより一般化していく中で、よりお客様の業務に近いサービス開発を行っていく予定です。
特に、IoTに関しては取り組みを進めていきます。AWS IoTは今回のRe:inventでも大きく取り上げられていましたね。今後に期待、です。

いかがでしたでしょうか。

あまりブログという形態で発信をしないので、こうした情報はまとめられていなかったのですが、これを見て、TISという会社に少しでも興味を持って頂ければ幸いです。

また行けたらいいな、ラスベガス!ではでは。

IMG_3268

エンジニア採用中!私たちと一緒に働いてみませんか?