Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

トピックモデルを利用したアプリケーションの作成

Pocket

最近、「機械学習」や「自然言語処理」、といったキーワードを聞くことが多くなってきていると思います。

反面、すごそうだけどなんだか難しいもの、というイメージもあるのではないかと思います。そこで、今回は「自然言語処理」の一種であるトピックモデルを取り上げ、その仕組みを紹介するとともに、その実装方法について解説していきたいと思います。

(「機械学習」の方については、以前開催した勉強会の資料がありますので、興味があればそちらもご参照ください。)

【イベントレポート】OSC 関西@京都 2015

Pocket

今回で9回目となるOSC関西@京都に、昨年に引き続きTISは今年も参加してきました。OSC関西@京都の特徴として挙げられるのは、開催2日間ともにセッションが多数あること、地方開催の中では最大規模を誇っており大変盛況なことです。そんなOSC関西@京都の2015バージョンを、去年の2014バージョンに引き続き下雅意がレポートいたします。

【ハッカソン参加レポート】「ISETAN meets Pepper」に参加してきました

Pocket

2015年8月22日(土)に「ISETAN meets Pepper」スペシャルハッカソンが開催されました。 このハッカソンは、三越伊勢丹、バンタン、ソフトバンクロボティクスによるものです。 バンタンデザイン研究所高等部の学生とPepperのアプリ開発を行なうエンジニアがコラボレーションし、スペシャルPepperを1日かけて制作しました。 その優秀作品3作品が伊勢丹新宿本店本館2階特設スペースにて特別展示されました。 イベントに参加したのでその様子をレポートします。

ネットワーク仮想化ソフトウェア MidoNet (2)

Pocket

前回の記事では、 MidoNetがSDNの中でどのような位置づけのプロダクトであり、何ができるものか、その上でOpenStackとどのように関わるのかを、順を追って紹介しました。 今回は、実際にMidoNetをインストールし、操作してみましょう。できることは沢山ありますが、基本となる仮想レイヤ2ネットワーク作成、およびその間のルーティングまでを試してみます。

CloudFormationとLambdaを用いたAWSアカウントの初期設定

Pocket

AWSはEC2やS3のようなシステムを支える基盤としてのサービスだけでなく、
高度なセキュリティの実現や監査証跡の記録を行うためのIAMやCloudTrailのような各種サービスも充実しています。
しかしそれらのサービスの多くの機能はアカウント作成直後の状態では有効化されていません。

実際に業務でAWSを活用するのであれば、こうしたサービスを適切に利用することは欠かせません。
またAWSに詳しい人ばかりが運用に携わるわけではないことを考えると、AWSを初めて使うようなユーザでも簡単に設定できることが望ましいです。
幸い、AWSはこうした作業を自動化するためのAPIやサービスを豊富に提供しています。
今回は今年の4月から利用可能になった、AWS CloudFormationとAWS Lambdaの連携機能であるLambda-backed Custom Resourceを使って各種初期設定を行うCloudFormationテンプレートを作成してみました。

Hinemos5.0新機能紹介Part1「Webクライアント」

Pocket

Hinemos4.0から3年ぶりの大規模メジャーバージョンアップということで、2015/05/27にHinemos5.0がリリースされました。今回のバージョンでは様々な機能が追加・拡張されていますので、注目している方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方々のために、本記事ではHinemos5.0の新機能について紹介していきます。

気軽に質問ができて答えが返ってくるシステム .Chain() の企画・設計・開発

Pocket

TIS株式会社 戦略技術センターの新人研修としてチーム開発演習を行いました。本記事は古賀・八代チームによる成果報告です。
dot_chain_top

リモートワーカーに最適な環境を提案するシステム(Zone)の企画・設計・開発

Pocket

TIS株式会社 戦略技術センターの新人研修としてチーム開発演習を行いました。本記事は坂本・石川チームによる成果報告です。
overview

ブレインストーミングをするためのWebアプリケーション「Brain Hacker」の企画・設計・開発

Pocket

TIS株式会社 戦略技術センターの新人研修としてチーム開発演習を行いました。

本記事は中山・稲本チームによるチーム開発演習の成果報告を中心とした記事です。