Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

【セミナー開催報告】Reactive System Meetup in 西新宿

Pocket

8/18(火)にTIS株式会社東京本社にて「Reactive System Meetup in 西新宿」が開催されました。 本セミナーの目的は、リアクティブ・システムを知る、リアクティブ仲間を見つけることです。 リアクティブそのものの受け取り方は人それぞれで、実現方法もまた様々であるため、今回リアクティブをテーマにセミナーを開催することにしました。 当日は約80名の方に参加していただきました。ありがとうございました!

その様子を新人の杉本が報告いたします。 当日は以下の発表が行なわれました。

  • Reactive とは何か : 岡本雄太氏
  • Scalaz-StreamによるFunctional Reactive Programming : (株)Everforth 浅海智晴氏
  • 「Typesafe Reactive Platform」で作るリアクティブ・システム入門/デモ : TIS(株) 前出祐吾/根来和輝

発表後には交流会も開催され、40名近い方にご参加いただきました。

それでは各発表の概要、スライドについて紹介します。

Reactive とは何か : 岡本雄太氏

岡本雄太 (@okapies)氏に、Reactiveについて発表していただきました。

Reactive とは何か?

発表の中では

  • リアクティブの考え方
  • リアクティブ・プログラミング(プログラミングモデル)
  • リアクティブ・ストリーム(ランタイム)
  • リアクティブ・システム(システムアーキテクチャ)

が紹介されていました。 現状、「リアクティブ」は論者によってそれぞれ全く異なる立場で議論されているので、 発表ではリアクティブに関して共通して言えそうなことをくくりだし、 プログラミングモデル、ランタイム、システムアーキテクチャの3つの立場からリアクティブについての説明をしていただきました。 近年普及してきた非同期プログラミングや分散システムには本質的に難しい部分がありますが、 リアクティブの考え方を使ったプログラミングモデルやシステムアーキテクチャを用いることでより扱いやすくなるとのことです。

講演風景-1

Scalaz-StreamによるFunctional Reactive Programming : (株)Everforth 浅海智晴氏

(株)Everforth 浅海智晴 (@asami224)氏に Scalaz-StreamによるFunctional Reactive Programmingについて発表していただきました。 ScalazはScala向けの最新の関数型プログラミングを可能にする機能群をScala向けに用意したライブラリで、 Scalaz-StreamはScalazベースのStreamingライブラリです。

発表の中では

  • Scalaz-Streamの用途や特徴、メリット・デメリット
  • Scalaz-Streamを使ったFunctional Reactive Programmingの例としてストリーム処理

が紹介されていました。 Scalaz-StreamはScalazと親和性が高く、 純粋関数型のスタイルでストリーム処理を扱えるとのことです。

講演風景-2

「Typesafe Reactive Platform」で作るリアクティブ・システム入門/デモ : TIS(株) 前出祐吾/根来和輝

TIS 前出祐吾(@yugolf)/根来和輝(@negokaz)より 「Typesafe Reactive Platform」で作るリアクティブ・システム入門についての解説とデモを行ないました。

発表の中では

  • リアクティブ・システムのための技術
  • リアクティブ体験(デモ)

を紹介しました。 リアクティブ・システムのサンプルとして、 ソーラーファームに設置されたソーラーパネルの故障をリアルタイムに検知するシステムを作成しました。 デモではリアクティブマニフェストで言われているようなリアクティブ・システムの 即応性、耐障害性などの要素がどのような形で実現されるのか紹介しました。

なお、デモで紹介したサンプルアプリのソースコードはGitHubで公開しています。
https://github.com/tech-sketch/reactive-solar-farm-monitor

講演風景-3

講演風景-4

交流会

私は裏方の仕事があったため、ほとんど参加出来ませんでしたが、 発表やデモの内容に関するディスカッションなどが活発に行われたようです。

おわりに

今回、当テーマでの初めてのセミナー開催でしたが、多くの方々にご参加いただきました。 今後も「Reactive System Meetup in 西新宿」を実施していく予定です。 次回開催時期は未定ですが、決まり次第告知をいたしますので、興味のある方はぜひお越しください。

エンジニア採用中!私たちと一緒に働いてみませんか?