Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

Pepper&Naoによる対話型推薦システムについてTISビジネスフォーラム2015でデモを行いました

Pocket

対話を利用した推薦システムのデモを、先日弊社のTISビジネスフォーラム2015にて紹介しました。
アプリケーションについては弊社戦略技術センターにおける技術検証の一環として制作しました。
ご来場頂けなかった方々へのご報告を兼ねて、本ブログでご紹介させて頂きます。

展示ブース

どうして対話アプリだったのか

現在のキーワード検索では「京都でワクワクする旅行プラン」というような、気分や雰囲気などを検索要素に含める情報検索は難しいです。さらに、専門的な分野においては、ユーザー自身が検索ワードを知らない場合もあります。
そういった場合でも、ロボット対話アプリでは、ロボットがユーザーとの対話を通じて、潜在的にユーザーが求めていることを引き出し、最適な情報を探すことができます。
一般的なキーワード検索よりも対話による状況提供が適切なケースが多くあります。その検証として複数シーンのデモアプリを制作し、ブース来場者に体験して頂きました。

対話ロボアプリの概要

当日、ブース展示したロボットはSoftBank Robotics社、Aldebaran社のPepperNaoになります。
本記事では、ブース展示したロボット上の対話アプリの概要について、簡単に説明します。なお、アプリの技術的な内容については、別の機会にあらためて紹介します。

ユーザーとコミュニケーションを取ることで、求めている嗜好を引き出す仕組みは以下の通りになります。

対話ロボアプリ概要
※人物写真提供元 https://www.pakutaso.com/20120811242iphone-185.html

1:表情の認識

まずは、Pepperのカメラによりユーザーの表情を捉えることで、年齢や性別、対話による表情の変化などを把握します。
また過去にあったことがある人物か判定することができます。

2:対話

さらに、ユーザーに自然言語で問いかけ、コミュニケーションを取ることで、求めているものを正確に把握します。

3:最適候補提案

最後に、表情の認識・対話により把握した好みから、あらゆる候補の中から最もふさわしい候補の提案を行います。

展示した対話ロボアプリ(デモ)

上記をベースとして、実際に制作・展示した対話アプリのデモは以下の3つです。

  • 観光案内ロボアプリ
  • 薬剤師ロボアプリ
  • 受付ロボアプリ

観光案内ロボアプリ

ホテルの宿泊されているお客様への最適な旅行プランを探してくれるコンシェルジュです。Pepperがホテルのコンシェルジュとして、お客様との対話を通じて、最適な旅行­プランを探します。
最終的に胸のタブレットで、最適なツアーのルートを表示します。

デモ動画は以下から見ることができます。

薬剤師ロボアプリ

患者が必要としている薬を探してくれる薬剤師です。Pepperが薬剤師として、患者との対話を通じて、必要な医薬品を探します。
最終的に胸のタブレットで、必要な薬の候補、詳細を表示します。

デモ動画は以下から見ることができます。

※本記事執筆時点、資格を持つ人間以外が第三者へ医薬品を提案することは法律で禁止されています。こちらはロボットアプリの可能性を探るためのコンセプトアプリになります。

受付ロボアプリ

受付のPepperが来客の情報を聞いて、訪問予定の社員を指定します。電話とチャットツールを通じて社員を呼び出してくれます。

さいごに

いずれも、今までのアプリケーションとは異なり、話者を認識し、いくつか話者との対話を通じて情報提供などするアプリケーションです。
Pepperのようなロボットが今後普及し始めたことで、アプリケーションが活躍するシーンが飛躍的に広がってきます。新しいアプリケーションの可能性を感じて頂ければ幸いです。

デモアプリは開発途上にはなります。今後も弊社では人間のパートナになり得るようなコミュニケーションロボットを目指して研究開発を行っております。
本記事で紹介したような対話アプリケーション、Pepperアプリケーションに関心、興味がありましたら tech-sketch@pj.tis.co.jp までご連絡ください。

Pepper

また私達と一緒にスマートなアプリケーションを開発してくれる仲間も募集中です!

エンジニア採用中!私たちと一緒に働いてみませんか?