Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

インターンシップで機械学習を使ったWebアプリを作りました!

Pocket

今回TISのインターンシップに参加した、修士1年の杉山です。 3月25日から31日まで平日5日間のインターンシップを体験し、機械学習を使ったWebアプリを開発しました!!

Instagramにアップロードされた写真からユーザの性別推定を行うWebアプリの開発

私自身が写真を撮ることが好きで、かつ機械学習に興味があったということが開発の動機です。 Instagramを見ていたら、「女性は人物が写っている写真が多く、男性は食べ物の写真が多い」と直感的に感じ、SNSに投稿されている写真から性別を推定できるのでは?と考えました。 その仮説をもとにしてWebアプリの開発を進めました。 Instagramからユーザの写真(20枚/ユーザ)を取得し、写真に写っている内容物をタグとして出力することができるAlchemyAPIを用いてInstagramの写真を認識させて、ユーザごとに特徴ベクトルを計算しました。その特徴ベクトルで機械学習や性別推定を行っています。

工夫した点

仮説から考えたモデルでは精度よく推定ができなかったので、複数のタグをまとめて1つのタグとしてベクトルの次元を少なくしました。 上記資料の9、10ページで紹介してるようにまずは元々のデータから使えそうなタグを抜き出し、その後にタグの集約を行いました。

インターンシップの感想

5日間という期間でしたが、参加するまでは長いように思っていました。しかし、実際に5日目を迎えてみると、あっという間に終わってしまったというのが正直な感想です。 普段からpythonという言語には触れていましたが、今までに機械学習を実際に行ったことはなく、また使ったことのないライブラリで機械学習やWebアプリの開発を行うという非常に学び多き5日間でした。 このインターンシップで学べたことを自分の修士論文に活かしたいと思います。

エンジニア採用中!私たちと一緒に働いてみませんか?