Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

テスト管理ツールを活用したテスト工程の効率化 ~(4)効率的なテスト実施と結果登録

Pocket

私たちは昨年、ソフトウエア開発プロジェクトのテスト工程の効率化に取組みました。効率化を実現するアプローチは多様ですが、今回の取組みでは、効率化可能なアクティビティを支援する即効性の高いツールを作成・適用する方針で進めました。実際に多くの開発プロジェクトが活用し、作業を効率化しています。この記事では、複数回に分けて私達の取組みと成果を紹介します。

 前回までは、テストケースのマスタ管理とテスト実施計画の作成について説明しました。この回では「テスト担当者から実施テストケースを抽出し、実施結果を登録する」際に使う機能を説明します。(下図「テスト結果登録」の部分)
  #テスト結果の第三者確認についても同様の機能を実現していますが、説明を省きます。

WS000013.JPG

実施するテストケースを抽出する

 テスト担当者がテストを実施する場合は「実行(判定)」タブを開きます。この画面で、テストケース抽出、テストケース内容参照、実施結果登録が行えます。

WS000063.JPG

 始めはPJテスト計画に割り当てたテストケース全件がツリー表示されているので、フィルタ機能で自分が実施するテストケースに絞り込みます。作業予定どおりにテストを実施するなら「自分が担当の、今日実施予定のテストケース」、"不合格"のテストケースを再実施するなら「自分が担当の、"不合格"ステータスのテストケース」のように条件を設定すると、条件に合うテストケースのみに絞り込まれ、ツリーに表示されます。下図は前者で絞り込んだ例です。

 Excelで書かれた大量のテストケースから目的のテストケースを探し出すより、だいぶ楽に絞り込みができますね。

WS000064.JPG

テストを実施し、結果を登録する

 テストケース内容の参照と結果登録には3つの方法があり、下記のように使い分けます。以降では、主に使用する「一覧」と「単票」を説明します。

方法 概要 使う場面
一覧 選択した階層直下にあるテストケースを
一覧画面で参照し、結果登録する
初回テスト時など、テストケース集合の
頭から順に実施する場合
単票 選択したテストケースを
単票形式画面で参照し、結果登録する
不具合改修後の再テストなど、
特定のテストケースを実施する場合
一括 ツリー上で選択した複数テストケースに
一括で結果登録する。
テストケース内容を1件ずつ参照せずに、
連続でテスト実施し、一括して結果登録する場合

一覧形式でテスト実施、結果登録する

ツリー上で特定階層のコンテキストメニューから"一覧表示"を選ぶと、子ウィンドウでテストケース一覧画面が表示されます。選択した階層直下にある全テストケースを、Excelのテスト仕様書のように一覧形式で参照でき、合格/不合格等の結果が効率よく登録できます。

WS000065.JPG

テスト担当者が集中して効率よくテストを進められるよう、下記の機能を付けています。不具合票の登録については、後で説明します。

  • 一覧表の表示項目や列幅はユーザがカスタマイズ可能
  • ステータスのラジオボタン変更で、リアルタイムに実績を登録
  • 行の背景色でテストケースのステータスが識別可能(合格=青、不合格=赤)
  • 実施日/実施者は入力不要(ログイン情報から自動で補完)
  • ダブルクリックで詳細画面を開き、備考情報やエビデンス・不具合票の登録、実施日/実施者の変更が可能

単票形式でテスト実施、結果登録する

 ツリー上でクリックしたテストケースが、ツリー右側に単票形式で表示され、テストケース内容参照やテスト結果の登録、エビデンス/不具合票登録が行えます。テスト結果情報やエビデンス、不具合票は、この画面に集約され、利便性が向上します。例えば、テスト結果の第三者レビューの際に、テストケースに関連する不具合票をファイルサーバから探す、バグトラッキングシステムから検索する必要なく、レビュー対象のテストケース画面だけを使って、情報入手から結果登録を効率的に行えます。

WS000073.JPG

不具合票について

 不具合票はRedmineのチケット機能をカスタマイズして実現しています。検索/一覧や対応記録等のRedmine標準機能が使え、Redmineに慣れ親しんだ方でも違和感なく使えます。
 具体的には以下を実現しており、Excelでのテストケースと不具合の個別管理と比較し、テストケースと不具合の依存関係を把握した合理的なマネジメントが容易に行えると考えています。

  • テストケース画面に、テストケースに紐付いた不具合票がリンク表示され、
    不具合内容や対応状況を容易に確認可能
  • 不具合票チケット画面に、不具合票が紐付いたテストケースがリンク表示され、
    不具合の影響範囲を容易に確認可能
  • テストケースツリーに、各テストケースに紐付いた不具合票の対応状況をアイコンで表示し、
    不具合改修後の速やかな確認を実現
  • 進捗集計表で、不具合発生と改修の状況をテストケース階層別でリアルタイムに確認可能(次回紹介予定)

WS000072.JPG

おわりに

 今回は、テスト実施担当者がテストを実施する際に使用する機能をご紹介しました。私たちは「テスト担当者の作業効率化」と「本質的なテスト業務への注力」も重要な改善ポイントと考え、大小様々な工夫を凝らしてきました。参考にして頂けると幸いです。

 次回は、進捗管理・品質管理・成果物管理の機能を紹介して、最終回となります。
 
 

エンジニア採用中!私たちと一緒に働いてみませんか?