Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

JobSchedulerのメールの添付ファイルの拡張子を変える

Pocket

この記事はeXcale Developer's Blogから移転されたものです。

eXcale 開発チームの平井です。

今回は、オープンソースのジョブ管理ツールであるJobSchedulerにおいて、JobSchedulerから送信されるメールの添付ファイルの拡張子を変える方法をご紹介します。


eXcaleでは期間限定でサインアップキャンペーン実施中です。
キャンペーン内容についてはこちらを参照してください。


メール送信時に添付されるログファイルの拡張子を.txtに変更

JobSchedulerはオープンソースのジョブ管理ツールです。
JobSchedulerでは、ジョブの実行結果をメールで通知することは、もちろんできます。
デフォルトでは、メールに添付されるログファイルのファイル名の拡張子は.logとなります。
多くの場合、このことが問題になることは無いと思います。
ただし、txtの拡張子の添付ファイルしか見ることができない一部の携帯では問題となります。
(そもそも添付ファイルを見ることができない携帯の場合は他の手段を考える必要がありますが、、、)

今回は、この問題に対処する方法をご紹介します。
こちらの公式ドキュメントで紹介されている設定を用いることで、この問題に対処することができます。

変更対象となる設定ファイル

デフォルトでは、JobSchedulerの設定は、下記のようになっています。
メールに添付するファイルの拡張子を変えるために変更する設定ファイルはconfig/scheduler_mail.xslとなります。
既存の設定ファイルを変更するのではなく、独自の設定ファイルを用意する場合は、
下記のmail_xslt_stylesheetにそのファイル名を指定してください。

変更内容

変更前と変更後のconfig/scheduler_mail.xslは次のようになります。
変更は、下記で示す変更前の13行目を削除して、変更後の13行目から32行目を追加します。
また、変更したら設定を反映するためにはJobSchedulerの再起動が必要となります。

設定ファイルはXSLTで記述しており、対象となるファイルのファイル名を.logから.txtに変更して、それをメールの添付ファイルとなるように設定しています。


いかがでしょうか、今回紹介した設定をすれば、.txtしか見ることができないちょっと残念な感じの携帯だったとしても、外出先で問題となったログファイルを確認することができるようになります。

エンジニア採用中!私たちと一緒に働いてみませんか?