Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

開発者必見!チーム開発がみなぎるWebサービス&ツールまとめ

Pocket

この記事はeXcale Developer's Blogから移転されたものです。

eXcale開発チームの西谷(@Keisuke69)です。
今回はチーム開発を行う際に有用なWebサービスやツールとして、実際にeXcaleの開発チームで普段、開発業務を行うために使っているWebサービスやツールを紹介しようと思います。

fluentdで始めるログ管理【フォワード設定まとめ】

Pocket

この記事はeXcale Developer's Blogから移転されたものです。

eXcale開発チームの泉谷(@syguer)です。

今回は前回の続きとして、fluentdでログを他のサーバーに転送する方法について紹介します。

fluentd + Elasticsearch + Kibanaで始めるログ解析 (セットアップ編)

Pocket

この記事はeXcale Developer's Blogから移転されたものです。

eXcale開発チームの平栗です。
今回は、最近話題のfluentdとElasticsearch、Kibanaを使ったログ解析と可視化についてご紹介します。
eXcaleでもfluentdとElasticsearch、Kibanaを使って、日々発生する膨大なログの解析を行っています。
本記事では、ElasticsearchとKibanaのセットアップ、そしてfluentdを使ってElasticsearchにログを転送する設定についてご紹介します。

意外と知らないCapistrano2系のログレベル

Pocket

この記事はeXcale Developer's Blogから移転されたものです。

eXcale開発チームの平井です。

eXcale では、その裏側の仕組みで、サーバのセットアップやアプリケーションのデプロイ処理にCapistranoを使っています。
今回は、Capistrano 2系でのログレベル変更方法と変更による違いをご紹介します。ログレベルを指定することで、出力情報を制御することができます。

チーム開発を円滑にするチャット環境づくり ~IdobataとHubotの連携~

Pocket

前回の記事ではHubotのインストール、基本的な使い方やScriptの作成、Herokuへのデプロイの方法を紹介しました。
本記事ではIdobataというチャットサービスとHubot、外部サービスを連携し、チーム開発を円滑にする環境を構築していきます。

テスト管理ツールを活用したテスト工程の効率化 ~(1)OSSツールを試してみる

Pocket

私たち昨年、ソフトウエア開発プロジェクトのテスト工程の効率化に取組みました。効率化を実現するアプローチは多様ですが、今回の取組みでは、効率化可能なアクティビティを支援する即効性の高いツールを作成・適用する方針で進めました。実際に多くの開発プロジェクトが活用し、作業を効率化しています。この記事では、複数回に分けて私達の取組みと成果を紹介します。

fluentdで始めるログ管理【基本編】

Pocket

この記事はeXcale Developer's Blogから移転されたものです。

eXcale開発チームの泉谷(@syguer)です。
今回はログ管理でデファクトスタンダードになりつつあるfluentdについて紹介します。
eXcaleでも数百台のサーバのログ管理にfluentdを利用しています。
本記事では、そんなfluentdの基本となる使い方について解説します。

イーサネットとIEEE 802.3は別物? 〜 IEEE 802.3小ネタ(3)

Pocket

 banner-ieee8023topics.png

技術標準規格ってお堅いものの代表ですが,そんなお堅い標準規格のひとつ,イーサネットの標準規格を定めているIEEE 802.3を,ちょっとマニアックな視点からイジってみようというシリーズです。
もしかしたら第1回目から気になっていた方がいらっしゃるかもしれません。"「IEEE 802.3」は「イーサネット」の標準規格を定めている"と書いているのですが,これって正しいのかどうかをテーマにしてみます。

Scala/Play2でWebアプリケーション開発~(3)入力チェックの実装(Javaライブラリの活用とBootstrap3への対応)

Pocket

前回の Scala/Play2でWebアプリケーション開発~(2)Slick2.0で簡単アプリ開発 ではPlay2とSlickを使って、登録・参照・更新・削除を行う簡単なWebアプリケーションを作成しました。しかし、最小限の機能に絞って紹介したため、実際システムとして運用していくには、まだまだ機能が不足しています。それらの機能の実装方法をPlay2でアプリケーション開発を行う際のTipsとして、少しずつ紹介していきます。

今回はその第一弾として、アプリケーションには欠かせないチェック処理をPlay2ではどのように実装するのかを紹介します。単純な単項目チェックから、Javaの資産を活用したチェックや相関項目チェックに加え、チェック結果をBootstrap3に対応して表示するにはどうすればよいかをまとめて紹介します。