Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

AWS・vSphere監視対応Zabbixプラグイン「HyClops for Zabbix」OSS公開

Pocket

2013年7月12日、オープンソースの統合監視ツールである「 Zabbix (開発元:Zabbix SIA)」のハイブリッドクラウド環境向け拡張ツール「 HyClops for Zabbix 」をオープンソースとして公開しました。

私たちはOSSを活用して運用を最適化することを目的として活動しています。その活動の中で非常に機能が豊富で自由度の高いZabbixに着目してきました。

仮想化・クラウド化が進むことで、環境を入手することが非常に容易になる一方で、これまで以上に大量の台数のマシンを扱わなければならなかったり、より煩雑な管理を実施しなければならないなど運用面では多くの課題が生じています。
このような課題に対して、Zabbixを最大限に活用し最適な運用システムを実現できるよう取り組んできました。
その成果として HyClops for Zabbix をこの度公開することになりました。

HyClops for Zabbixは、オリジナルのZabbixに追加導入することでクラウド環境(Amazon Web Services)および仮想環境(VMware vSphere)の監視自動化を実現します。
HyClops for Zabbixを導入することにより、これまで多くの時間がかかっていた仮想環境やクラウド環境の複雑な監視設定作業が大幅に削減され、運用コスト削減に繋げることができます。

実装機能

今回公開したHyClops for Zabbixの初期バージョンでは、以下の機能を実装しました。

  • 仮想マシン(EC2インスタンス及びVMware仮想マシン)情報の自動取得およびZabbix監視対象ホスト自動登録
  • 最新の仮想マシン情報(リソース割当情報、インタフェース情報、ホスト名情報等)をZabbixに自動反映
  • Zabbixエージェントレスで仮想マシン情報の自動監視(AWS API及びvSphere APIを利用)
  • ZabbixWebダッシュボード上で各環境のインスタンス情報を一覧表示できるよう拡張
  • ZabbixWebダッシュボードからインスタンスの起動/停止/再起動処理を実施できるよう拡張
  • ZabbixWebダッシュボードからインスタンスへのSSHコンソール接続

アーキテクチャ

HyClops for Zabbixの実現にあたって、以下の図のようなアーキテクチャを採用しました。既存のZabbixサーバにできる限り影響を与えないようHyClops for Zabbixのメイン処理実行コンポーネントは別サーバ上で稼働できる構成を採っています。また、HyClopsサーバと各環境(AWS、VMware vSphere)との連携はメタクラウドAPIである「 libcloud 」を介して実施しており、今後の拡張性を確保しています。

HyClops_architecture.png

ZabbixWebダッシュボードの拡張

より状況の把握がしやすいよう、また障害発生時に、より迅速な対応ができるようZabbixのWebダッシュボードを一部改変しました。

HyClops_dashboard.png

SSHコンソール接続については、OSSのWebターミナルエミュレータの「 GateOne 」と連携できるようにし、Zabbixで管理しているインタフェース情報を元に接続できる機能を実現しました。

gateone.png

今後について

HyClops for Zabbixは今後、益々進むであろうマルチクラウド化(複数のパブリッククラウド利用環境やパブリッククラウドとプライベートクラウドのハイブリッド環境)に対応すべく、サポートする環境を増やし、機能の充実を図ります。また、HyClops for Zabbixで活用している技術情報はZabbix開発元であるZabbix SIA社にも連携し、Zabbixがよりよいソフトウェアに発展するよう協力していきたいと考えています。

HyClops for Zabbix情報

公開ライセンス

GNU GENERAL PUBLIC LICENSE Version 2 のもと公開しています。

ソースコード

ソースコードはGitHub上で公開しています。

GitHub hyclops repository

導入マニュアル

より詳細な導入手順やリリース情報、FAQ等は公式サイトをご覧下さい。

HyClops for Zabbix 公式サイト

また、オリジナルのZabbix稼働環境上にHyClops for Zabbixを容易に追加導入できるようにするChefのcookbook集を公開しています。chef-soloで一連のインストール及び設定作業が自動実行できるようになっています。

HyClops for Zabbix chef repository

このChefリポジトリの使い方は上記リポジトリ内の各READMEを参照して下さい。

問い合わせ先

TIS株式会社
コーポレート本部戦略技術センター
HyClops for Zabbixチーム

hyclops@ml.tis.co.jp

エンジニア採用中!私たちと一緒に働いてみませんか?