Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

Kinect + OpenNIを使用して取得した「空間の使用頻度」をsocket.ioを利用してリアルタイムに確認する - ③(Kinect編)

Pocket

前回前々回で環境構築とサーバ側の実装まで完了しました。今回はKinect側の実装を進めていきます。

Kinect + OpenNIを使用して取得した「空間の使用頻度」をsocket.ioを利用してリアルタイムに確認する - ②(Node.js編)

Pocket

前回は環境構築を実施しました。今回はサーバ側の実装を進めていきます。
サーバ側の実装は「Node.js」を使用するため、Kinectを持っていなくても動作確認をすることが可能です。
Node.jsやExpress, express-resource, ejs-locals, socket.io等を使用するため、もし興味があれば今回分だけでも実装を試してみてください。

AWS・vSphere監視対応Zabbixプラグイン「HyClops for Zabbix」OSS公開

Pocket

2013年7月12日、オープンソースの統合監視ツールである「 Zabbix (開発元:Zabbix SIA)」のハイブリッドクラウド環境向け拡張ツール「 HyClops for Zabbix 」をオープンソースとして公開しました。

オープンソースのワークフローエンジン「Activiti」入門

Pocket

私達がお客様向けに構築するバックオフィスシステムにおいて、ワークフロー機能を求められる機会が増えています。
この様な要求に対応するために、オープンソースのワークフロー・エンジンを導入することを検討しました。

数あるワークフロー・エンジンの中から「Activiti」を選択し、TISのアプリケーション開発基盤『Xenlon~神龍』(※)にワークフロー機能を装備しました。
本連載では、この「Activiti」について、概要説明・動作環境準備・実践という順序でご紹介いたします。

アプリケーション開発基盤『Xenlon~神龍』

Kinect + OpenNIを使用して取得した「空間の使用頻度」をsocket.ioを利用してリアルタイムに確認する - ① (環境構築編)

Pocket

Kinect + OpenNIを使って「空間の使用頻度」を測定し、クライアント側にリアルタイムに送信しHeatmapを作成します。まずは環境構築を実施します。

javaでwindowsのdllを利用する

Pocket

JNAを利用することでJAVAでWindowsのdllを手軽に利用できます。JAVAでwindowsのdllを利用するメリットってあるのでしょうか?
時代遅れとなったwindowsのシステムをマイグレーションする際、フルスクラッチで開発するのも選択肢ですが、JNAを使うことでWindowsのdllを再利用してJAVAへ移行できます。それ以外にもOSの機能をJAVAから利用できるようになります。

HamlとSlimをMiddleman上で比較する

Pocket

昨今の開発ではHTMLをそのまま記述するのではなく、簡潔に記述する為のテンプレートエンジンを利用することが多いと思います。今回はHamlとSlimというテンプレートエンジンを、Middlemanという開発サーバーツールを利用して比較していきます。