Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

Infinispanの紹介(3) MapReduce

Pocket

3回にわたるInfinispanの紹介シリーズの最終回です。 初回 はInfinispanのキャッシュ機能の使い方を、 前回 はInfinispanをクラスタ構成で稼働させる方法を紹介しました。最後にInfinispanの特徴となるMapReduceでのアプリケーション実行の機能を紹介します。

Fluentdの仕組み -バッファ機能でログ収集漏れを防ぐ-

Pocket

OSSのログ収集管理ツールFluentdを用いてログを統合管理している場合の懸念点として、ログの収集漏れが考えられます。
Fluentdでは、バッファ機能を活用することでログを収集漏れすることなく確実に収集することができます。
このバッファ機能のメカニズムを理解すべく動作検証した結果を紹介します。対象とするFluentdのバージョンは0.10.30です。

FileAPIを利用して簡単なWebアプリをつくる

Pocket

HTML5の周辺技術のFileAPIを使ってblobURLを利用してどのようなことが出来るか、簡単なWebアプリケーションを作成して少しばかり触ってみました。

Amandaを使ってバックアップ(Amazon S3編)

Pocket

Amanda試用レポートの第4回目は、クラウドへのバックアップ機能のご紹介です。
Amandaは無料のコミュニティ版でもAmazon S3へのデータ保存に対応しており、HDDやテープへのバックアップと同じ操作でバックアップ/リカバリが可能です。

Amandaを使ってバックアップ(PostgreSQL編)

Pocket

データベースのバックアップは、停止状態ならば単なるファイルコピーだけで非常に簡単ですが、実際の運用においてはシステムを止めることができないことも良くあります。
Amandaでは、PostgreSQL用のプラグイン「ampgsql」が提供されており、バックアップ時に使用することでオンラインバックアップが可能です。
今回はampgsqlでPostgreSQLのオンラインバックアップ~リカバリの手順が正常に実施できることを確認してみました。

Infinispanの紹介(2) クラスタ構成

Pocket

前回 はInfinispanを1台構成(Localモード)で稼働させ、キャッシュサーバとして使用する方法を紹介しました。今回は複数台のInfinispanサーバでクラスタを構成し、拡張性・可用性向上を実現する機能を紹介します。

Infinispanの紹介(1) キャッシュ機能

Pocket

InfinispanはJBossASの内部でも使用されるキャッシュサーバですが、MapReduceのアプリケーションの実行基盤としても使用できます。これから3回にわたり、Infinispanのキャッシュ機能、クラスタ構成、MapReduceでのアプリケーション実行を紹介します。

S3上の画像をCORSを利用してCanvasで使う

Pocket

Amazon S3でCross-Origin Resource Sharing(CORS)というものが使えるようになっていたようなので、クロスドメインで取得した画像をCanvasで利用する目的で実際に使ってみました。

Amandaを使ってバックアップ(導入編)

Pocket

システムの運用を考える上でバックアップは欠かせません。つい最近、社内システムのバックアップ環境を構築する機会がありましたので、そこで採用したOSSのバックアップツール「Amanda」の機能を4回に分けて紹介します。

今回はAmandaの概要と導入時のTIPS編です。

Amandaを使ってバックアップ(自作スクリプト呼出編)

Pocket

前回の記事ではAmandaの概要と導入までをご紹介しました。
実際の運用では「バックアップ前にサービス停止させ、完了後は自動的に再開したい」といったバックアップに連動して追加で実行したい処理がいくつも出てきます。
一般的なサーバであれば、こうした前処理→バックアップ→後処理の一連の工程はジョブコントローラ側から制御するように構築します。Amandaは標準で特定のタイミングに自作の処理を呼び出す機能を備えており、ジョブコントローラなしで上記処理の実装が可能です。