Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

Zabbix SIA 本社オフィス訪問

Pocket

Zabbix Conference 2012への参加のためにラトビアのリガに出張してきました。

ラトビアのリガは、Zabbixの開発会社であるZabbix SIAがあります。
ということで、カンファレンス開催の前日に、Zabbix SIAのオフィスを訪問する機会をいただきました。
今回は、そのオフィス訪問記録をまとめます。
Zabbix Conference本編の内容については、別途ブログで近日公開予定です。
もう少しお待ち下さい。

P9200026.jpg

Zabbix SIAのオフィスは、リガの中心地からタクシーを利用して15分〜20分ぐらいの少し離れたところにあります。
Zabbix SIAが入っているビルは、ラトビアの他の企業も沢山入っています。
ここで初めて知ったことは、"SIA"というのは、ラトビア語で「有限会社」の意味だということです。
そのため、このオフィスビルには、xxx SIAという企業が沢山入っていました。

今回は翌日からZabbix conferenceが開催されるということで、Zabbix SIAのオフィス前にこのようなパネルが準備されていました。
TISは今回、ブロンズスポンサーという形で参加させていただいているため、
ロゴを載せていただいています。

P9200027.jpg

今回の打ち合わせは、ZabbixSIAの寺島広大様、寺島友美様とZabbixSIA CEOのAlexei Vladishev氏にご参加いただきました。
TISからは、池田・朝香の2名で伺いました。

P9200012.jpg

Zabbixの今後の開発についてのお話や、私達のZabbixへの取り組みの情報展開などを実施させていただきました。

メールベースでのやり取りとは違い、対面で話せたので、非常に有意義な打ち合わせになりました。

打ち合わせの後は、オフィス内を少し紹介していただきました。
Zabbix SIAのオフィス内は、営業やマーケティング部隊の部屋と開発部隊の部屋にわかれています。
開発部隊の部屋の中心にはチケットボードが掲げられており、Agile的な開発スタイルが取られているそうです。
これがチケットボードの写真です。

zabbix_ticket_board.jpg
※Zabbix conference 2012 Rihards Olupsの資料"Zabbix: Quality, Humans and Fun"から引用

また、開発部隊の部屋はフリーアドレス制を取られているそうですが、
基本的には、PHPプログラマとCプログラマが固まって作業をされているそうです。
開発されている風景も少し見学させていただきましたが、
非常に集中して黙々と開発されているのが印象的でした。
各自のデスクも非常にシンプルで綺麗なオフィスでした。

ZabbixSIAのメンバーの皆さんは思っていた以上に若い方が多く、
20代前半の方でもバリバリ活躍されているようでした。

OnとOffの切り替えもしっかりとされているようで、
オフィス内には卓球台が設置されていました。

P9200016.jpg

トーナメント表まで作られており、Offの遊びも真剣にやるといった感じでしょうか。
仕事も遊びもすごく楽しんで行われている姿が印象的でした。

Zabbixの開発拠点にお邪魔して、その雰囲気を味わえたことはいい経験になりました。
最後にZabbixのロゴマークの前で写真です。
P9200017.jpg

もし、Alexeiさんや寺島さんと直接お会いしてみたいという方は、
10/10(水)-10/12(金)に開催されるITpro EXPOにZabbixが出展され、ラトビアからお越しになるそうなので、
そちらでお話できるかもしれません。
ご検討されてはいかがでしょうか?
Zabbix社がITPro EXPO 2012に参加

次回のブログは、Zabbix conferenceの本編の内容について紹介します。

エンジニア採用中!私たちと一緒に働いてみませんか?