Tech Sketch Bucket of Technical Chips by TIS Inc.

Cloudifyを用いた環境自動構築


AWS CloudFormation, OpenStack Heat, Hashicorp社のTerraformなど、 システム構成全体をTemplateに記述し、クラウド等の環境に自動構築することは珍しくなくなりつつあります。 しかしこれらのTemplateはどちらかといえばIaaSや一部のPaaSに相当するインフラ構成の記述が中心であり、 個別のミドルウェアやアプリケーションレイヤの管理は別途行う必要があったり、別のクラウドへの移行時に再利用が難しいといった課題もありました。

今回はこうした課題の解決に役立つかもしれない、OASIS TOSCAの仕様に準拠したTemplateをもとに構築を行うCloudifyを実際に動かしてみました。


Ansibleに代表される自動化/構成管理をホンネで語る (クラウド時代のOSS活用最前線) 〜 オープンソースカンファレンス 2016 Nagoyaでの2団体ジョイント企画 実施レポート


さる5月28日(土曜),オープンソースカンファレンス2016 Nagoya が開催されました。私たちが加盟する,OSSコンソーシアムと,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)は,2団体の合同企画としてセミナとパネルディスカッションを実施しました。テーマは「Ansibleに代表される自動化/構成管理,ホンネで語る自動化/構成管理」です。

Logo-OSScons+OBCI-720w


機械学習を使って対話システムを作ってみた


はじめに

最近はチャットボットが何かと流行っています。このような機械と自然言語で対話するシステムというのは昔から多くの人に期待されていました。
今回はそんな期待に応えるべく?機械学習を使って対話システムを作ってみました。

リポジトリはこちらです:
HotPepperGourmetDialogue

作成物の概要

今回作成したのは対話を通じてレストラン検索を行うシステムです。イメージとしては以下のような対話を行います。"U"とついているのがユーザ発話、"S"がシステム発話です。

発話
U:スペイン料理店を探して。
S:スペイン料理店ですね。場所はどの辺りですか?
U:新宿周辺
S:新宿のスペイン料理店ですね。予算の上限はどのくらいですか?
U:4000円くらい
S:4000円ですね。それではこのお店はどうでしょうか?
S:(店を出す)

このような対話を通じて、レストランの検索に必要な情報をユーザから取得し、レストラン検索を行います。
今回、レストラン検索にはHotPepperグルメサーチAPIを利用させていただきました。ありがとうございます。


CentOS 7.2+docker 1.11でdocker networkを使ってみた


Docker 1.9がリリースされた時点でのdocker networkの公式ガイドでは、Kernel 3.16以上が必要との記述があったのだが、CentOSのKernelは最新の機能がバックポートされており、docker networkも動作するとの情報を頂いた。
確かに、現在のdocker公式のoverlay networkのガイドを参照すると、この記述が無くなっており、ディストリビュータ側の対応でKernelの制限が解除されたのでは?と考え検証してみることとした。

docker networkの概要については以下の記事も参考にして頂きたい。
Think IT/Docker1.9のマルチホストネットワーク


パスワード認証無しでSSH接続とsudoとsuを実行する方法


Chef/Ansible/Puppet/Itamaeなどのサーバ構築自動化ツールや、ServerSpec/Infratasterなどのインフラテスト自動化ツールの使用することが多くなっている。

これらのツールを使用する為に管理サーバから各ノードに対して制御を行う際に、パスワード入力無しでのSSH接続を行う必要が発生する。さらにインストールやサーバ内の設定作業を実施する為、root権限でコマンドを実行するsudoコマンドやsuコマンドをパスワード認証無しで実行できる必要が発生する。

サーバ構築自動化、テスト自動化ツールを使う上での前提となる「パスワード認証無しでSSH接続とsudoとsuを実行する方法」について、以下にまとめてみた。


Puppet 3.8.7でpuppet kickを使ってみた



puppet logo

ITmedita @ITに、サーバ構築自動化ツール(Chef/Ansible/Puppet/Itamae)の比較記事を執筆させて頂いた。

Puppetの検証の際にあわせて検証を行ったが、記事には記載しなかったpuppet Ver 3.8.7環境およびpuppet kickの実行環境の構築手順と実際の動作検証の結果をまとめたものである。


Docker SwarmとComposeでWordPress環境を構築する


2016年4月13日にDocker 1.11がリリースされました。 今回発表されたDocker Engineは初めてOCI(Open Container Initiative)準拠のツールである、runccontainerdを基にして開発されました。

今回の記事では、新しくリリースされたDocker Engine, Compose, Swarm, Machineを使って、swarm クラスタ上にWordPressを構築してみたいと思います。


Ansibleに代表される自動化/構成管理をホンネで語る (クラウド時代のOSS活用最前線) 〜 オープンソースカンファレンス 2016 Nagoyaでの2団体ジョイント企画【速報版】


5月28日(土曜),オープンソースカンファレンス2016 Nagoya が開催されました。私たちが加盟する,OSSコンソーシアムと,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)は2団体の合同企画としてセミナーとパネルディスカッションを実施しました。テーマは「Ansibleに代表される自動化/構成管理,ホンネで語る自動化/構成管理」です。 20160528_OSC2016Nagoya_(2)セミナー-全景


Pepper + ROSハンズオン勉強会を開催しました


4/6(水)にアトリエ秋葉原にてハンズオン勉強会を開催しました。今回は、ロボット用フレームワークのROS(Robot Operating System)を使ったPepperのアプリケーションを開発体験(ハンズオン)していただきました。その様子をレポートします。

top 写真提供:ロボットスタート株式会社


Hinemos5.0新機能紹介Part2「ノードサーチ」


Hinemos5.0の新機能を紹介するシリーズpart2になります。(part1「Webクライアント」はこちら)

ver 4.1以前では、大規模環境において、以下の理由から設定作業に多くの時間が必要でした。
  ・ 管理対象ノードを1台ずつ登録する必要がある
  ・ エージェントのインストールを1台ずつ実施する必要がある
ver 5.0では、これらの設定作業を一括で実施できるような便利な新機能が搭載されました。

今回はその中でも前者(管理対象ノードを1台ずつ登録する必要がある)の問題を解決してくれる新機能「ノードサーチ」について簡単に紹介します。